マンションの買い取りは可能?買取にかかる期間や売れる価格

マンションを売る方法

「いまのマンションを売って引越しする場合、一番有利な方法で売るにはどうすれば良いんだろう?」と考えたとしましょう。このようなマンションなど不動産を売却する方法として「仲介」と「買取」の2種類があることをまず覚えておきましょう。両方とも不動産会社が窓口であることは同じなのですが、売却の方法・費用・期間などに大きな違いがあります。

はじめは「仲介」です。これは不動産会社に買主を探してもらう方法です。ネット媒体や広告などを利用して購入希望者を探し、成約になれば規定の仲介手数料の支払いが発生します。成約までの期間はおおむね2~6か月程度ですが、必ず希望者が見つかるという保証はありません。

次に「買取」ですが、これは不動産会社が買主となって買い取ってもらう方法です。直接の売買ですから仲介手数料は発生しませんし、売りたい金額と買い取り金額が折り合えば、数週間~1ヶ月程度で現金化することができます。

なぜ不動産会社が「買取」するの?

マンションを買い取った不動産会社は、通常、自ら売主となって購入希望者を探します。

この「買取再販売」を専門業務にする不動産会社は最近増えてきており、会社によっては買い取り金額に違いが出ることもあるので、相談できる範囲で複数の会社に聞いてみるのもひとつの方法です。

ちなみに専門業務にする会社では、内装や設備機器などを修繕・交換(=リノベーション)したうえで販売します。おもにマンションや一戸建てを対象としていますが、最近ではアパートなども手掛けています。

「仲介」と「買取」ではどっちが有利なの?

「仲介」の場合は、不動産会社が相場に近い金額で買主を探してくれますが、仲介手数料が発生しますし、成約までの期間が不明確です。

「買取」の場合は、仲介手数料は発生しませんし、短期間で現金化できます。しかし不動産会社はリノベーションする費用を負担したうえで一定の利益も確保しなければなりませんので、仲介(=相場)よりも低い金額での売却となることがほとんどです。このようなそれぞれの性質を踏まえ、どちらが自分に合っているか判断する基準を下記のように分類することができます。

  • 「仲介」→多少時間が掛かっても高く売りたい (=金額重視)
  • 「買取」→早く売って現金化したい。面倒な手続きを省きたい (=期間重視)

売りたい理由は人それぞれですので、売った後の生活設計も十分考えたうえで選択するようにしましょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。