家の売却で内見はどこに気をつければいい?

不動産の購入希望者が最初にするのが内見です。家を買ってくれるかどうかが、この内見に関わってくるものです。内見時に印象が悪い場合、売却には結びつかないことも多々あります。そのため、内見はとても重要な意味合いがあります。

そこで、売主側が気をつけるべきポイントについて考えてみましょう。

第一印象が大事!

不動産を購入する時には、間取り図や資料、住所だけで購入する人はいないものです。図面や住所などでは分からないことを、実際に現地を見ることでより購買意欲が湧くものとなることも多々あります。

そこで、気になる物件があった時は購入希望者が実際に物件を見ることを「内見(ないけん)」または「内覧(ないらん)」と言います。不動産を売却しようとしたならば、購入希望者への「第一印象」を大事にしなければなりません。

不動産を購入しようと考える人は、通常数軒の物件を内見して回るでしょう。その時の第一印象で、どの物件が候補に挙がるか、または候補から落ちるかが決まってくると言っても過言ではありません。

この内見時に購入希望者が抱く「第一印象」にこそ、その後の不動産が売れるかどうかのカギが隠されているとも言えるのです。そのため「お客様が内見に来る」と言った場合には、ある程度の準備が必要になってきます。

内見時に注意すべきポイントとは?

玄関をきれいに清掃する

内見者が一番に通る玄関。靴が散乱していたり、邪魔なものを置いておいたりなどは好ましくありません。すっきりとした印象に整理整頓しておきましょう。

水回りを清潔にする

特に女性は水回りを念入りにチェックすることが多いです。キッチンの油汚れや浴室のカビ、トイレの黒ずみなどはきれいにしておきたいものです。

クローゼット、靴箱内の整理をする

備え付けの家具に関しては、その使いやすさや収納力を確認するために、クローゼットや靴箱だけでなく、キッチン下の収納なども開けてみるケースが多いです。

臭いに気をつける

長年住んでいる住居では、住んでいる人は臭いに慣れてしまっているものです。しかも、タバコを吸う場合やペットを飼っている場合などには、一般の家庭よりも臭いが強くなっています。事前に、芳香剤などで臭いを消しておくようにするのがいいでしょう。

いつもより丁寧に掃除と整理整頓をする

新聞や雑誌が散乱していたり、洋服があちらこちらに散らかっている状況だと部屋に入った瞬間に「この物件に住みたくない」という印象を受けてしまうものです。「丁寧に使われていない住宅だ」「整理整頓が乱雑な売主とはフィーリングが合わない」と感じてしまう購入希望者も多いです。

庭のお手入れをしておく

庭は住宅の内部と違って、なかなか手入れの時間がないという場合も多いです。そのため、雑草が生い茂ったりしている住宅をよく見かけます。

しかし、このように雑草が伸びきった庭を見た時、内見者の目には決して良いイメージを与えず、むしろマイナスイメージを持たせてしまいます。庭木の手入れまで手が回らなくても、雑草をむしるなど事前に手入れをしておくことで、だいぶ印象が変わってきます。

空き家にしてから売却をするとスムーズ?

今現在、居住中の住宅を売却する場合と、空き家にしてから売却する場合では内見時の印象もだいぶ違うものです。家の中に家具がある場合と、家具がない場合では家の印象はだいぶ違います。

同じ広さの空間でも、家具がなくなると広くスッキリしますし、部屋の中は明るい印象となり、購入希望者側の持つ印象もだいぶ好意的なものとなることが多いです。ただ、家具が無くなった分、細かい汚れや傷を見てしまうという場合もあります。

細かい汚れや水回りなどは、ハウスクリーニングを行っておくと「きれいにしてある」と購入希望者に思わせることができますので、お勧めです。

近所の関係にも興味を持つ購入希望者

住宅の購入は、簡単に買い替えのできるものではありません。日用品のように、気に入らなければ次のものを買う、交換するということができない大きな買い物です。

そのため、内見に来た人は、ゴミ置き場はどこか?嫌な臭いはしないか?騒音はどうか?近所トラブルなどないか?・・・など、物件以外の周辺環境にも目を向けることが多いでしょう。

こういった問題は、契約直前に発覚すると「聞いていない」などのトラブルを発生させてしまう可能性もあります。周辺環境で少しでも気になるところがあった場合は、内見者が来る前に不動産会社に申し出て相談をしておくことをお勧めします。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。