悪徳業者に騙されない!家を売る不動産会社の選び方

不動産会社の中には、残念ながら悪徳業者と呼ばれる業者が存在し、本来の物件価格よりも大幅に安い金額で家を手放している人も中にはいます。

不動産会社の利益はどこから?

元々、不動産業界というのは、仲介の際に売主と買主の両方から手数料を取る、「両手」と呼ばれる取引形態が許されているのをご存知でしょうか?売主は高く売りたい、買主は安く買いたいという利害の反する両方に関与する以上、どちらかに有利な条件は、必ずもう一方に不利益を与えますよね。

これは、良心的な営業をしている業者であっても同じことで、両方から手数料を取るのが一番「おいしい」商売です。悪徳業者は、この不透明な立場を利用して利益を抜き取ることに奔走し、時には一方とグルということだってあり得ます。

不自然に高い査定は危険?

しかし、売主が売りに出した物件に対して、買主を見つけるという仲介業の特性上、まずは売主が現れてくれなくてはなりません。そこで集客が物を言うのですが、そのために良く利用されるのが「高く売れる」という意図的な甘い査定です。

実は、不動産というのは価格があって無いようなもので実売価格はまた別になり、査定価格を高くして集客に繋げる手法は良く行われています。

複数の不動産会社に査定してもらう

売主が対抗するには、売る家の相場感を売主自身で掴んでおくしかなく、複数の不動産会社に査定を依頼するというのが最も有効な方法です。相場を知れば、高い査定価格を提示されても根拠を問えますし、単に集客のための査定価格かどうかを見抜きやすくなるでしょう。

HOME4Uで不動産を高く査定

他には、担当者の人柄や対応も勿論大切でセオリーです。一つ一つの疑問点を誤魔化さずきちんと説明してくれ、こちらの話も良く聞いてくれる担当者を選ぶしかありません。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。