転職を理由に、家を手放す時の住宅ローンは一括で返済?

転職によって家を手放さなければならないとすれば、収入が下がって住宅ローンが支払えなくなった場合か、転職で住めなくなった場合でしょう。いずれにしても家を売却する前提ですが、住宅ローンが残っている場合には簡単に売却ができません。

住宅ローンが残っていたら、なぜ家を売れない?

住宅ローンというのは、住宅を担保に借りる性質のローンで、担保にするとは、具体的には金融機関が抵当権を住宅に設定することです。もし、ローンの返済ができなくなった時は、抵当権によって住宅を取り上げ、競売などでお金に替えて回収できるという保険のような仕組みです。

住宅ローンの完済は必須

この抵当権がある状態の住宅は、ほぼ間違いなく買い手が付きませんので、住宅は抵当権を外して売る必要があり、抵当権が外れる条件とは住宅ローンの完済です。つまり、転職であっても別な理由であっても、ローンを完済しなければ住宅は売れないということです。

売るまでに時間があれば一括返済である必要はないですが、転職が理由なら恐らく時間的な制約があり、早く売るために一括返済を余儀なくされることは多いでしょう。しかし、金額が大きい場合には一括返済の資金が用意できないケースが考えられますよね。

売却益を、住宅ローンの返済に当てる

そこで、不動産売買で多く見られるのは、売却金額をそのまま住宅ローンの一括返済に回す方法です。ローン残高よりも高く売れれば余剰金が出ますし、もしローン残高より安く売れても、不足分として用意する自己資金は少なくて済みます。

どのくらいで売れるかを一括査定で知っておけば、住宅ローンの完済に向け計画が立てやすく、売却金額で一括返済できるかどうかの目安にもなるということです。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。