自宅を売却する時は不動産会社を選別することが大切

転勤、転職、事業所の移転等、人生において様々な出来事により強制的に引っ越しせざるを得なくなる時が来る可能性があります。その場合、終の棲家として購入した自宅の売却をしなくてはいけない事だってあるでしょう。そこでここでは自宅売却をスムーズに行う為に一番大切な事を私の経験も踏まえて述べたいと思います。

実は私は被災により自宅を買い替えた事があるのです。以前の家は構造的には問題は一切なかったのですが、内装はぼろぼろな有様であり、家族の強い願いもあり、新しい家を購入してそこに引っ越す事になりました。そしてその際、今まで住んできた家の売却を行おうとしたのです。

不動産会社を変更すると、、、

当然、被災していますので本来であれば中々売れる物ではありません。当初仲介を依頼した大手不動産会社の営業の方も、余り良いお客さんを連れてきませんでした。これ以外にも色々とあって結局、仲介を依頼する先を他の不動産会社に変更したのです。

そうすると、今度の不動産会社は地元密着と言う事もあってか、これは踏み込んでも良い事、悪い事と言う点をハッキリと分かった上での適切な対応を頂き、結果的にとんとん拍子に売却先が決定。無事契約まで済ませる事が出来ました。

不動産会社を”選ぶ”ことが大切

この時の経験から言えることは、自宅の売却に際して一番大切な事は仲介先の不動産会社を適切に選ぶことです。これに失敗すると後で要らぬ苦労をします。不動産会社選びに失敗したかな?と疑問を抱いたら、躊躇することなく仲介先の変更を真剣に検討するべきです。

1つ1つ不動産会社を当たるのが面倒な時は一括査定サイトを利用するのがオススメです。自宅の適正価格を知ることも出来ますし、対応の良かった不動産会社を選べば外れはありません。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。