家やマンションを売却するときの流れ

家やマンションを売ろうと考える時、いくらで売れるかという点からスタートする人が最も多いでしょう。不動産は高額ですし財産でもあるので、金額を問わず引き取って欲しいという人はまずいません。

不動産売却の流れは、売却価格を想定することから始まります。

まずは家の価値を知ること

実際の売却価格は交渉により上下するため、家やマンションの価値を知ることを第一目標とします。周辺の物件情報などから、自分で調べることもある程度は可能ですが、労力の割には正確性に乏しく、専門家である不動産会社に価格査定してもらうのがやはり近道です。

この時に、複数の不動産会社に依頼すると、偏った数字にならず客観的な査定価格が得られますので試してみましょう。

HOME4Uで不動産を高く査定

不動産会社と媒介契約を結ぶ

その後、売買を仲介してもらう不動産会社と媒介契約を結びます。契約内容は売り出しの方法や、自分で買主を探すことの可否など3種類に分かれ、それぞれに利点があるので良く考えなくてはなりません。

媒介契約後は、不動産会社の営業活動をメインに購入希望者が現れるのを待ちます。契約によっては、売りに出した物件がレインズという物件データベースに登録され、全国から購入希望者を募ることもあります。

購入希望者と金額の交渉

購入希望者が現れたら、いよいよ交渉段階に入り、金額や諸条件について合意できるか確認です。双方が納得すれば売買契約を交わし、この時点で一安心でしょう。

決済時には、代金の受け取りと登記、物件の引き渡しが行われ、所有権も移転して取引完了となります。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。