家の買い替えには、売るのと買うのとどっちを先にすればいいの?

家を買い替える場合、先に売るべきか買うべきか判断に迷いますし、また、難しい問題でもあります。

先に、家を売る場合のメリット・デメリット

先に売る場合のメリットは明らかで、買う家に対しての購入資金を潤沢に用意できることでしょう。大きな金額を借りる住宅ローンは、長期間の借入で総支払額も大きくなるので、自己資金の量がその後の支払いの負担を決定づけます。

ただし、売りを先にした時は、引渡しまでに次の家を購入しておかないと仮住まいを探さなければなりません。短期間だからといって諸費用は安くならないので、仮住まいの費用負担は決して小さくはなく、買う家のための資金計画にも狂いが生じる恐れがあります。

後で、家を売る場合のメリット・デメリット

一方で買いを先にする場合、住む場所は常にあるので売り急ぐ必要も無くなり、じっくりと物件を探したり交渉に時間的な余裕も生まれます。

ところが買いが先の場合にもデメリットがあり、新たに買う分の資金の大半はローンで用意しなくてはならなくなりますよね。それだけで毎月の負担額は増大しますが、更に売る家にもローンが残っている場合、両方のローンと固定資産税などの税金を支払っていく必要が出てきます。

しっかりとした売却シミュレーションが、何よりも大切

このように、売りと買いはどちらが先でもメリットとデメリットがあるとはいえ、実際には家庭事情など時間的な制約も少なからずあるため、選択の余地がない場合もあります。必要なのは資金計画なので、現在の持ち家がどのくらいで売却できるかを把握し、無理のない資金計画を立てて対処していくことが大切です。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。