マンションを売却する時にかかる費用や税金など

マンションの売買では、売り主側にもさまざまな費用がかかります。その主な費用は下記です。

① 不動産会社に支払う仲介手数料

仲介手数料とは、物件の販売を行う不動産会社に支払う手数料です。一般的には、売却価格×3%+6万円と消費税となります。

<売却価格3,000万円の場合>
3,000万円×3%+6万円=96万円
96万円×1.08(※平成26年4月1日からの消費税8%)=1,036,800円

② 売買契約書に貼付する印紙代(印紙税)

売買契約書に貼付する印紙代は、売買価格が500万円超1,000万円以下の場合5千円、1,000万円超5,000万円以下の場合は1万円、5,000万円超1億円以下の場合は3万円です(平成26年4月1日からの軽減税率)。

③ 全額繰り上げ返済手数料

住宅ローンの返済が残っている場合には、完済して抵当権を抹消しなければマンションを売却することはできません。通常は売却金額をそのまま繰り上げ返済に充当します。

全額繰り上げ返済手数料は金融機関によって、また変動金利・固定金利かによって数千円から数万円ほどになります。

④ 登記費用・司法書士への報酬

住宅ローンの返済が残っている場合には、抵当権を抹消する費用が必要になります。また、登記簿上の住所が現住所と異なる場合には、現住所に変更登記をしなければなりません。どちらも司法書士への報酬はそれぞれ2万円程度となります。

⑤ 所得税・住民税

マンションという資産を売却したことによって生じた所得を譲渡所得と言います。譲渡所得には、他の所得とは分離して所得税と住民税が課税されますが、一定の条件を満たしている居住用のマンションを譲渡したときの譲渡所得には「3,000万円の特別控除」が受けられます。

譲渡所得が3,000万円以下の場合税金はかかってきません。詳しくは「マンション売却に必要な税金は?」をご参照ください。

⑥ その他、リフォーム費用、引っ越し代など


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。