マンションを売却した後に支払わないといけない税金とは?

マンション売却に必要な税金は下記です。

① 所得税・住民税

マンションという資産を売却したことによって生じた所得を譲渡所得と言います。譲渡所得には、他の所得とは分離して所得税と住民税が課税されます。

<譲渡所得の計算方法>
譲渡所得(譲渡益)=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)

譲渡価額とは?

マンションの売却金額。

取得費とは?

マンションの購入にかかった費用。不動産会社の仲介手数料やリフォーム代など。

譲渡費用とは?

マンションの売却にかかった費用。仲介手数料や売買契約書の印紙代など。

マンション売却の際に所得税・住民税を支払わなければならないのは譲渡益が出た場合だけです。例えば4,000万円で購入したマンションが5,000万円で売れた場合、差額1,000万円から取得費と譲渡費用を差し引いた金額が課税対象となります。

最も、一定の条件を満たしている居住用のマンションを譲渡したときの譲渡所得には「3,000万円の特別控除」が受けられます。譲渡所得が3,000万円以下の場合税金はかかってきません。

現状では3,000万円を超える売却益を得ることは稀だと思われますので、自宅マンションの売却時に税金が発生するケースは少ないでしょう。

「3,000万円の特別控除」の主な適用条件

1. 譲渡するときまで、その住居に自分が住んでいること。
2. 過去に居住したマンションの場合には、住まなくなってから3年目の年の12月31日までの譲渡であること。
3. 前年及び前々年にこの3,000万円特別控除や買い換え特例適用を受けていないこと。
4. 売り手と買い手の関係が、親子や夫婦など特別な間柄でないこと。

② 印紙税

印紙税とは、売買契約書に貼付する印紙代のことです。売買価格が500万円超1,000万円以下の場合は5千円、1,000万円超5,000万円以下の場合は1万円、5,000万円超1億円以下の場合は3万円です(平成26年4月1日からの軽減税率による)。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。