海外に移住するために、親から譲り受けた家を売却

海外に移住することになったために、親から譲り受けた家を売却しました。

私の場合は親戚を通して不動産会社を紹介してもらったので、特に心配することなくお任せすることができました。また担当してくださった方は若い方だったのですが、とても親切に対応してくださったので、何かの際にはまたお世話になりたいと思いました。

不動産会社との関係は問題がなかったのですが、予想より売却に時間がかかってしまいました。国外に出発するときになってもまだ売れていなかったので、管理などは親戚に頼み、売却に関してはすっかり不動産会社にお任せすることになってしまいました。

家を売るのは買うのと同じくらい大変だと言っていた友人がいるのですが、その大変の意味がよく分かった出来事でした。不動産会社にお任せしていたので身体的にはなんの労力も使っていなかったのですが、出発の日までのあいだの心労は絶えませんでしたから。

半年過ぎても売れる気配がなかったため、これはもしかしたら値段が高すぎるのだろうかと思い始め、不動産会社に値下げをしようとしたところ幸運にも買い手の方が見つかりました。売れるまでに時間はかかりましたが、築年数が30年と古い家だったのですが、結果的に希望していた金額で売ることができました。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。