住宅ローンの支払いが少しでも遅れたり滞納すると、どうなるの?

住宅ローンの支払いが遅れたからといって、すぐに家を差し押さえられるような事態にはなりません。通常、2ヶ月は催促があるだけで、滞納分を支払えばそのまま住み続けられますし、それ以上の催促もなく表向きは何も変わりませんが、2ヶ月の滞納というのは、実は信用に著しく傷を付けます。

住宅ローンの滞納は記録されている?

住宅ローンだけではなく、クレジットカードやカードローンも含め借金をした場合、支払いが滞納したかどうかというのは、記録として残されています

この記録のことを個人信用情報と呼び、個人信用情報機関が管理していて、加盟している各金融機関はそのデータを参照することで、お金を貸すかどうかという判断をしていきます。1ヶ月の滞納では、金融機関の内部記録として残るだけかもしれませんが、2ヶ月以上滞納すると個人信用情報に残る可能性が高くなります。

3ヶ月以上滞納すると、更に状況は変わってきます。

3ヶ月以上、滞納すると赤色信号

3ヶ月以上の滞納は、金融事故として扱われ個人信用情報に登録されます。これがいわゆるブラックリスト入りです。ここまでくると、保証会社が金融機関にローン残債を返済します(代位弁済といいます)。

その後は、家が差し押さえられ競売に掛けられて保証会社への返済に充てられます。そうなる前に行うのが任意売却で、それ以前に住宅ローンの支払いができなくなりそうなら、家を売ることを検討した方が良いでしょう。

ローンの残債は把握できても、家の売却代金は予想が難しいので、予め査定を不動産会社に依頼するなどして、万が一売るときのために備えておくのは大切です。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。