不動産売却の【買取】と【仲介】の、メリットとデメリット

不動産を売るときには、買主を不動産会社に見つけてもらう「仲介」と、不動産会社が買主になり物件を買い取ってくれる「買取」の2種類があります。仲介と買取には、どちらもメリットとデメリットがあるので、良く考えて選ぶようにしましょう。

仲介のメリット、買取のメリット

仲介のメリットで一番大きいのは、買取よりも高い金額で売れることです。ただし、購入希望者が現れず、いつまでも売れ残る可能性があるというデメリットは付いてきます。仮に購入希望者が現れたとしても、条件面で折り合わなければ結局長期化します。

買取のメリットは、不動産会社という買主が決まっているのですから確実に売れ、時間も掛かりません。仲介手数料も掛かりませんし、内見の対応も必要ないなどメリットは多いのですが、大きなデメリットとして買取金額が安いという点が挙げられます。

不動産会社の視点から、考えてみる

不動産会社は、買取をした物件を必要ならリフォームし、更に転売することで利益を得るので、どうしても元の物件は安く手に入れる必要があります。買取金額は、最低でも諸費用と不動産会社の利益分は安くなります。

また、仲介にも買取にも価格査定はありますが、このような性質上、買取査定というのは仲介査定よりも明らかに安いことは念頭に入れておかなくてはなりません。自分の不動産が本来どのくらいの価値があるのか必ず事前に調べておき、買取査定だけを鵜呑みにして損をしないように気をつけましょう。

結局、どちらを選べばいいのか?

確実に言えるのは、時間が掛かっても高く売りたいのなら仲介を選んだ方がいいということです。仲介を選んだからといって、必ずしも売れるとは限りませんが、買取の価格を下回るほど値引きをしなければ売れないというのは少ないはずです。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。