不動産売却の媒介契約は【専属専任】【専任】【一般】の3種類

不動産売却のために仲介を依頼するときには、不動産会社と媒介契約という契約を結びます。媒介契約には、専属専任、専任、一般と呼ばれる3種類があり、それぞれ特徴があり売主の希望に合わせて選べるようになっています。

媒介契約の、それぞれの特徴

専属選任は契約した不動産会社の仲介がなければ売買ができず、専任は同じように不動産会社に任せますが、自分でも買主を見つけ売買契約を結ぶことが可能です。一般になると複数の不動産会社に依頼でき、更に自分で買主を見つけることもできます。

不動産を高く売るために、複数の業者を競合させる方法は有効ですが、だからといって一般で契約するのが最も良いかといえば、そうとも言い切れないのが不動産売却の難しい所です。なぜなら、価格査定を複数の業者に頼んで高い価格を選ぶのとは違い、媒介契約によって業者を競合させると、営業活動が積極的に行われない可能性があるからです。

一般媒介契約は、売れにくい?

不動産の仲介業というのは、売買契約が成立して初めて手数料が発生します。つまり、購入希望者を見つけるために営業コストをいくら掛けても売買契約が結ばれなければ全て水の泡ということです。

一般媒介契約で他の不動産会社と競合していることがわかると、他の業者が仲介した人に物件を取られてしまうという事態が起こりますから、営業コストを掛けられません。その結果、購入希望者が現れにくくなり良い結果が出ないこともあるのです。

そのため、不動産会社は専属選任か専任で媒介契約を結びたがる傾向があります。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。