住宅ローンの残債を分割で返済することは可能なのか?

仮に住宅ローンが残っている持ち家を売るとして、売買契約をしてからローン残債が返せないでは済まされないので、そのために価格査定があり、売主は事前に売却金額をある程度は把握しておかなくてはなりません。

価格査定の結果、売却金額と想定される価格が住宅ローンの残債よりも少なかった場合を考えてみましょう。

HOME4Uで不動産を高く査定

家の売却時、住宅ローンの残債は分割返済できない

この場合、住宅ローンの残債を完済しないと、住宅に設定されている抵当権が外せませんから、残債分は自己資金で用意してでも一括で返済する必要があります。普通は、それができないから家を売ることを考えるのであって、残債分は何とか分割で支払えないかと思う人も多いはずです。

しかし、分割返済を認めて抵当権を抹消することは、担保債権から無担保債権に変わることを意味し、応じる金融機関はまずありません。住宅ローンのような高額で低利率の融資には、担保が不可欠だからです。

どうしても分割で支払いをしたければ、一括返済をするためにローンを借り換えるという方法もあります。それでも、無担保で借りられるのは良くても数百万円ですし、利率も高いので、新たな借金に苦しめられるのが目に見えていて難しいでしょう。

分割で払う方法はないの?

住宅ローンの残債を分割で支払えるとすれば、返済を滞納し続け任意売却になったときくらいです。任意売却になると、残債があっても支払えないことは分かっているので、債権者(金融機関ではなく保証会社やサービサー)も支払える範囲で分割に応じてくれる可能性があります。

ただし、ローンの滞納も任意売却もリスクがありますから、通常の売買で高く売ることを目指すのが本来の方法です。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。