家の売却にかかる税金と不動産会社に払う仲介手数料

家の売却には実に様々な手数料や税金が発生し、諸費用は決して安くはありません。

まず、血縁や知人に直接売る場合以外は、不動産会社の仲介によって売ることになるため仲介手数料が発生します。仲介手数料は決められており、売買価格×3%+6万円に消費税を加えた金額です。目安としては3,000万円で売れれば約100万円の手数料ですから大きな金額ですよね。

HOME4Uで不動産を高く査定

家の売却時の、その他の手数料

他の手数料としては、登記を司法書士に頼んだ時の手数料(報酬)、住宅ローンが残っているなら繰り上げ返済したときの手数料などです。

税金については、売却によって利益が出た時の譲渡税と呼ばれる課税(所得税・住民税)、登記に掛かる登録免許税、売買契約書に張り付ける印紙によって徴収される印紙税と多くあり、仲介手数料の消費税も掛かります。

手数料は、100万円を超えることもしばしば

こうした手数料や税金を合計してみると、物件価格にもよりますが100万円単位になるため、売却金額から差し引いた残りがどのくらいというのは必ず把握してから売りに出すのが賢明です。また、家を売るということは、引越しのための費用も捻出しなくてはなりません。

そのためには、事前に自分の家の価値を知らなくては計算が成り立たず、そしてできるだけ高く売るための努力が必要です。

一括査定で、一番高く売れる業者を探そう

幸いにも、現在は不動産会社を一軒一軒回らなくても、インターネットで簡単に価格査定が行えるようになりました。複数の業者に査定してもらい、高い価格のところに依頼するのも良いですし、物件の価値をできるだけ正確に知るためだけに利用しても良いでしょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。