和歌山県の不動産(一戸建て・マンション・土地)を売る前に

和歌山県は人口が全国40位の約98万人、面積が全国30位の都道府県です。持ち家比率は72.9%と高く、人口と比べると不動産の取引が活発に行われています。持ち家比率が高いほど、中古住宅も買い手が見つかりやすいので売り手にとっては良い都道府県と言えます。

和歌山県の土地事情

※「土地取引規制基礎調査概況調査結果」より

和歌山県の土地価格の比較

33

和歌山県の平均土地価格は全国22位の20.4万円/坪。バブル期の116.8万円/坪と比較すると100万円近く落ち込んでいます。近畿地方では三重県、滋賀県に次ぐ3番目に土地価格の安い都道府県になります。

和歌山県の土地価格の動向

和歌山県の土地価格は下落し続けていますが、ここ15年ほどで約8万人の人口減少が起きているので、この先も土地価格の下落は止められない可能性が高いと言えます。将来的に土地が不要になりそうな方は、常に土地価格の動向には目を光らせておくようにしましょう。

和歌山県の土地の取引件数

和歌山県の土地の取引件数は2013年に11872件でした。これは全国35番目の数値で、実は京都府よりも土地の取引がされています。景気の回復が期待されているので、このまま取引件数が伸びてくると土地の平均価格が上昇する可能性は十分にあります。

和歌山県の住宅事情

和歌山県には、県の宅建業協会、公共建築課、全日本不動産協会和歌山県本部が共同で運営している不動産無料相談所があります。不動産の売買で困ったことがあった時は、こちらに相談してみてください。

和歌山県の住宅価格の動向

土地と比べて住宅の取引件数は少ないので、データとしての信ぴょう性は高くありませんが、ここ2年ほどで住宅価格は下落しています。また2012年のデータでは和歌山県の高齢者(65歳以上)の割合は27.3%と多く、社会増加率がマイナス、人口の減少などが原因として考えられます。

和歌山県の住宅の取引件数

住宅の取引件数は少し落ちているだけで、それほど差はありません。最も多く取引されている物件は築年数が20年以上のマンションで、次いで築年数が20年以上の一戸建てになります。ほとんどがファミリー向けの中古住宅で、4LDK以上や100㎡以上の物件が取引されています。

PR

査定可能な地域

  • 和歌山市
  • 海南市
  • 橋本市
  • 有田市
  • 御坊市
  • 田辺市
  • 新宮市
  • 紀の川市
  • 岩出市
  • 海草郡紀美野町
  • 伊都郡かつらぎ町
  • 伊都郡九度山町
  • 伊都郡高野町
  • 有田郡湯浅町
  • 有田郡広川町
  • 有田郡有田川町
  • 日高郡美浜町
  • 日高郡日高町
  • 日高郡由良町
  • 日高郡印南町
  • 日高郡みなべ町
  • 日高郡日高川町
  • 西牟婁郡白浜町
  • 西牟婁郡上富田町
  • 西牟婁郡すさみ町
  • 東牟婁郡那智勝浦町
  • 東牟婁郡太地町
  • 東牟婁郡古座川町
  • 東牟婁郡北山村
  • 東牟婁郡串本町

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。