大分県の不動産(一戸建て・マンション・土地)を売る前に

大分県は人口が全国33位の約118万人、面積は全国22位の都道府県です。大分県は持ち家比率が63.5%と低く、借家の割合が35%にも上ります。ただ住宅の取引は近くにある宮崎県よりも活発で、不動産を売却したい人にとっては買い手がみつかりやすい都道府県とも言えます。

大分県の土地事情

※「土地取引規制基礎調査概況調査結果」より

大分県の土地価格の比較

47

大分県の土地価格は全国28位の18.4万円/坪。最も平均土地価格の高い大分市でも22万円/坪なので、市町村による価格差はそれほど大きくありません。熊本県の土地価格(25万円/坪)よりは安く、宮崎県の土地価格(14.1万円/坪)より高い数値です。

大分県の土地価格の動向

日本全体で土地価格は下落し続けています。大分県も例外ではなく1992年の48.9万円/坪から18.4万円/坪まで下がり続けていますので、この先も土地価格が安くなる可能性が高いと言えます。土地の売却を検討されている方は、自身の土地価格を把握した上で早めに不動産会社へ土地売却の仲介を依頼しましょう。

大分県の土地の取引件数

土地の取引件数が多い大分市・別府市・中津市・佐伯市はそれぞれ土地の取引件数が増えており、大分県全体としても2012年から16%取引件数が増加しています。取引件数が多ければ、買い手が見つかりやすいので今後の土地価格を鑑みても、今売却するのは悪くないタイミングと言えます。

大分県の住宅事情

大分県には、県の宅建業協会と保証協会が共同で運営している不動産無料相談所があります。不動産の売買で困ったことがあった時は、こちらに相談してみてください。

大分県の住宅価格の動向

ここ数年で取引されている住宅の価格は若干ですが上昇しています。ほとんど差はないので、住宅の購入・売却を検討されている方は不動産会社で見積もりしてもらった価格を元に、様子を見てみましょう。売却を検討中で時間に余裕のある方は少し高めの価格で売りに出してみてもいいかもしれません。

大分県の住宅の取引件数

住宅の取引件数も少しずつ増えてきています。取引が成立した住宅のほとんどは築20年以上の物件で、一戸建て住宅に限っては築年数が5年未満の住居も取引が成立しています。

※直近2年の住宅価格・取引件数の動向についてはREINS Market Informationを参考にしてください。

PR

査定可能な地域

  • 大分市
  • 別府市
  • 中津市
  • 日田市
  • 佐伯市
  • 臼杵市
  • 津久見市
  • 竹田市
  • 豊後高田市
  • 杵築市
  • 宇佐市
  • 豊後大野市
  • 由布市
  • 国東市
  • 東国東郡姫島村
  • 速見郡日出町
  • 玖珠郡九重町
  • 玖珠郡玖珠町

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。