不動産会社は地元の業者と有名な業者、どっちに頼む?

有名な大手の不動産会社と地元の不動産会社の、どちらに家の売却の仲介を依頼するかというのは結構悩む人も多いようですが、大手だから高く地元だから安く、またはその逆になるという訳でもありませんよね。

良く言われているのは、大手の方が社内ネットワークや顧客の多さから買い手が見つかりやすい、大手なので看板に傷を付けるようなマネができないが対応に柔軟性がない、地元であれば地域密着で親身になって対応してもらえるが、地元以外の地域から顧客を集められない等の評価です。

不動産の規模は関係ない?

現在では、レインズというデータベースに物件が登録されており、全国の不動産会社が他の業者の物件を見ることができます。つまり、売りに出されている物件の情報発信量においては、不動産会社の規模はあまり関係がないという時代です。

しかし、自社のホームページへの掲載ではアクセス数に差が付きますし、ローカルな広告となると資金力の差で大手に分があるかもしれません。

担当者の人柄については、大手は営業の人数も多いためにバラつきが出てくることは当然あります。地元会社は、数少ない顧客を大切にしていかなければ、過熱化する不動産業界の競争に負けてしまうので信用第一をモットーに営業していても、地元業者が全て良いかといえばそんなこともないでしょう。

HOME4Uで不動産を高く査定

家の売却は、不動産会社の担当者次第

結局のところ、大手と地元という区分けで不動産会社を選ぶのは、それほど意味はなく、行き着く先は「人」を見るということになります。

売るのは人で買うのも人、仲介するのも人です。たくさんある業者の中から複数の業者を候補にしたとしても、実際に相談に行き、顔を合わせて話をしてみなければ何も判断できないのです。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。