家やマンションの売却で、失敗しないために注意する点は?

家を購入したものの、わけあって売却しなければならない事態になった場合、注意することがあります。それは家を売却したものの、売却額で住宅ローン残高を全額返済できない場合には家を売却できないということです。マイナスの差額が出た場合には差額分をきちんと用意し、ローンを全額返済する必要があります。

逆に言えば、この資金が用意できない場合には家を売ることはできないのです。家を売却するということは家の名義が変わり、新たな抵当権が設定されることになりますが、銀行などの金融機関は借主のローン残高が0にならないと抵当権を解除しないのです。

抵当権の残っている家は売れない

抵当権の残っている家などまず売りに出しても売れません。家を購入する際、自分自身も経験したと思いますが、契約書には抵当権が解除されていることが条件にはいっているはずです。

住宅ローンがあるうちは、そのローンを全額支払うまで家の持ち主である借主の独断で家を売ることはできないのです。どうしても家を売りたい場合は別の機関で借金をして差額分を用意するか、資産価値をあげる手段がありますがリフォームなども結局はお金がかかりますので、有効な方法ではありません。

任意売却という選択肢

家を売却する場合には「任意売却」という方法もあります。これはローンの支払い残高を軽減するものです。競売にかけられてしまうとローン残高が大きく残ってしまいますが、「任意売却」の場合にはローン残高を改めて組み直し、借主が少ない額ですが引き続き支払いを続けていくので、銀行サイドから見れば「任意売却」の方が損害が減るので助かるわけです。

しかしそれもローンの残高が少ない場合のみ有効なのでまずは数社への見積もり依頼で自分の家が現在どのくらいの価値があるのか知ることから始めてみるといいですね。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。