住宅ローンが残っていても、引っ越しは出来るのか?

なんらかの事情で住宅ローンの残っている家から引っ越さなければならない場合、引っ越しは可能です。銀行との契約時、条件として「本人が住むこと」と明記されていることがありますが本人が実際に住んでいる期間がある場合はなんら問題はないようです。

ただ、住宅ローンというものは他のローンよりも金利設定が低めであることをご存じでしょうか?これは本人が住むという条件があるからこそ低めに設定してくれているものなので、それを悪用する者、もしくは最初から自分が住むためではなく賃貸に出そうと考える者をださないように「本人が住むこと」を条件にしているわけです。

残債があっても、引っ越しができる例外とは?

しかし、例外はあります。仕事先の転勤でどうしても住めない場合、親の介護・世話をしなければならない場合などは禁止することが事実上できないので、こういった状況に陥った場合は早めに住宅ローンを組んでいる銀行へ説明、相談しにいきましょう。

「ダメです」と言われることはまずないので安心して了解を得て下さい。やむをえない事情ではなく、明らかに最初から賃貸にする目的であることが発覚してしまったら当然銀行側からは一括返済を求められますが、事情がある場合は仕方ありません。

ただ、ローン返済が滞らないように注意してください。そこは引っ越そうが、そのまま住んでいようが同じことですね。

家を賃貸に出すときの注意点

こうして我が家に住めなくなった場合、家を賃貸に出す事を認めている銀行は多いです。ただし、永久的に賃貸に出すのはなく一時的であることを大前提としています。ローンを組んでいる家が「持ち家」、引っ越し先は「仮住まい」という認識を崩してはいけません。

現在のローン返済が終わるまではローンの借り入れができないので、必然的に引っ越し先は必ず賃貸となります。まれにセカンドハウスローンを利用してローンを組む人もいますが、それはよほど年収の高い人でないと難しいと言われています。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。