土地と家を、借地権付き住宅として売り出すことは可能?

借地にある家を売却する場合、土地と家をセットにして借地権付きで売ることは可能です。むしろ、借地権が無いと建物だけは売れないと考えても良いくらいです。

そもそも借地権とは?

一般的に言う借地権とは土地賃借権を示し、建物を所有する目的で賃借によって土地を利用する権利ですから、建物と土地の利用権というのは切り離すことができません。単純に考えれば、土地の利用ができないのに、その上にある建物だけを手に入れても意味がなく、建物を使えない状態になってしまいます。

普通の土地付き物件に比べ、借地権付きの物件は借地権付きならでは特徴があるので、良く確認しておきましょう。

借地権付き住宅の特徴

まず、借地権というのは土地そのものではないので、当然、借地権付きの物件は土地付きの物件と比べて価格が安くなります。それだけではなく、借地権の価値というのは、更地としての土地の価値に対しての借地権割合(多くは6~7割)よりも低くなってしまうことがあります。

また、借地権の売却には地主の承諾が必要で、承諾料を取られることが多く負担も発生します。承諾料の相場は借地権価格の10%程度で、土地の価値が高い場合にはかなり大きい金額です。

仮に地主の承諾が得られなくても裁判所の許可があれば売却は可能ですが、地主や買主がどう思うかというのも問題で、トラブル含みの物件は避けたいのが普通の心情ですよね。そのため、地主に借地権売却に対する承諾書を貰っておく必要性は高く、承諾書が貰えないとトラブルを避けたい買主が売買契約に応じない可能性はあるでしょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。