土地や家の売却に不動産会社は必要なのか?

不動産売買では、不動産会社の仲介を受けなければ売買ができないなんてことは全く無く、本来、売買契約というのは売主と買主が合意していれば、口約束でも成立するものなので、不動産会社の介在がなくても売買は成り立ちます。

では、不動産会社に仲介手数料まで支払って仲介してもらう意味はどこにあるのでしょうか?その答えは、逆に不動産会社無しで売却することを考えてみるとわかりやすいかもしれません。

不動産会社に仲介してもらう理由

まず、ほとんどの人は不動産の素人で、いくら値段を付けたら良いのか見当も付かないでしょう。購入した時点の金額は、あくまでもその時点での金額でしかなく、そこから上がっているか下がっているかすら不明で、参考にするとしたら価格査定ができるサイトくらいです。

次に、買い手を見つけることが難しく、何のアテもない状態で買主を探すことなど到底できませんよね。不動産会社は自社で抱えている顧客の他にも、指定流通機構(レインズ)や広告などによって依頼された物件をアピールしますし、そのためのルートも持っています。

仲介してもらうことで、トラブル防止に

また、トラブルのない売買契約書を作成できるかという点です。必須ではないとはいえ、言った言わないのトラブルにならないように普通は売買契約書を作成しますが、売買契約書を作ったこともない人同士で契約書面を交わすのは、実に危険極まりない行為です。

他にも色々なメリットがありますが、その全てが仲介手数料に含まれているのであって、仲介だけで手数料が発生している訳ではありません。確実で安全な取引がしたいのなら不動産会社は必要と考えるべきでしょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。