住宅の売却前に、ここだけはリフォームしておきたいポイント 

売却前にリフォームすることは、建物に付加価値を付けるものですから、買い手が「この物件を買いたい!」と思えるリフォームでなければ意味がありません。

そこで、まず見た目を良くすることが思いつきます。一戸建て住宅なら外装の塗り替え(張替え)が重要になります。今流行のリノベーションをしておけば、掛けた費用を回収することもできるでしょう。

水周り改修はリフォームのポイント

外装の他には、水周り・キッチンセット・トイレの改修は重要なポイントになります。

特に、流しやトイレは主婦にとって一番気になるところです。ここが古いままだと以前使われていた名残があって馴染まないと思われるかもしれません。

トイレも便座だけ変え、ウォシュレットにすれば数段と価値が上がります。それほどお金が掛かることではありませんので、改修の大きなポイントと言えるでしょう。

内装の改装はどうか

床・壁・天井まで張り替えるとなると、費用の方が気になるでしょうから、この辺りは状況に応じて補修を済ませておけば十分です。

洗いをすることによりキレイになれば、取り替えることもありません。特に天井の張替えとなると下地まで変えることになりますので、予算と効果が釣り合いません。

畳は状況次第で表替えする程度で構いません。フローリングなどは特別に痛んでいる箇所を除けば、手を掛ける必要はありません。

経年減価による構造の改修までは手を掛けない

構造物まで手を伸ばすと収集が着かなくなってしまいます。悪くなった箇所を補修して新しくすると、今度は隣の部分が汚く見えてくるものですので、終わりが見えなくなります。

リフォーム会社でも、貸マンションの入居者が変わる時の小さな補修を請け負っている会社だと、少ない予算で立派に見える工事をしてくれますので、そのような会社に依頼するのが良いでしょう。

予算の掛かる豪華な家のリフォーム仕事をしている会社に依頼すると、いくら掛かるか分からなくなってしまいますので注意が必要です。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。