不動産会社のどこを見ればいい?

紹介を受けることは安全か

以前お世話になったなど、利害を抜きにした紹介は信用のおけるものです。また知り合いが不動産業をしているので利用してほしいという紹介もあるかもしれません。

紹介の難しさはうまくいって当たり前、トラブルがあると紹介者が恨まれますので、知り合いを避けることもあります。

良い不動産会社でも担当者が変われば結果は分かりません。たとえ同じ人でも結果的に上手くいかなかったこともあるでしょう。                         

会社情報、会社概要を見ることが基本

不動産会社とは普段あまり付き合いがないでしょうから、いざ探すとなると判断が難しいと思います。

貸し物件や売り物件を探す場合、店の外からでも物件広告を見れますが、売却を依頼するためには打ち合せも必要です。またネットで調べても物件情報しかないので、売却したい人にはあまり意味がありません。

ネットならどんな仕事をしているかが分かります。例えば会社概要や経営理念を掲載している会社は、方針や経営者の考え方が分かり、事業に対する姿勢が見えてきます。

しかし会社概要すら掲載していない会社も多いのが現状です。開業したばかりの会社は許可番号が(1)ですから、これを見た人の評価はどうしても低くなり、掲載を避けているのでしょう。

コミュニケーションが容易に取れる範囲が良い

コミュニケーションの取りやすい場所にある不動産会社を選びましょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。