マンション売却の流れ

① 売却の動機、経済的状況を確認する

ライフスタイルや家族構成の変化など、マンションを売却する理由や目的は様々です。「子供が成長したのでもっと広い住居に住み替えたい」「子供が独立したのでこじんまりした住居に住み替えたい」「両親の介護で同居をするので売却したい」「離婚した」など。

利用できる手元資金、住宅ローン残債などの現在の経済的状況とともに確認しましょう。

② 情報収集

売却を予定しているマンションの周辺地域の相場を調べます。それには無料一括査定サイトを利用すると便利です。複数の不動産業者が提示する査定価格を比較することで売却するマンションの相場を知ることができます。

③ 不動産業者を探す

不動産業者はどこでも同じというわけではありません。信頼して任せられる業者をしっかり選びましょう(詳しくは「買取や仲介を依頼する不動産業者の選び方」参照)。

④ 不動産業者と媒介契約を締結する

不動産業者との契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。「一般媒介契約」が複数の不動産業者に販売を委託するのに対して、「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」は1社のみとの契約となります。

現在はインターネットの普及により「一般媒介契約」のメリットが少なくなったため、「(専属)専任媒介契約」の方が無難かもしれません。

⑤ マンション売却開始

不動産業者と媒介契約を交わすと、まず売り主が売り出し価格を設定します。マンション売り出し価格は売却活動に非常に大きな影響を及ぼしますので、査定価格や周辺地域のマンション売却状況や市場の動向を踏まえて不動産業者の担当者と相談して慎重に決めましょう。

売出し価格が設定されると、不動産業者により自社サイトへの掲載、チラシ、不動産雑誌や不動産サイトなどへの広告活動が行われ販売が始まります。

販売が始まると、購入希望者が内覧に来ます。内覧時の部屋の印象が良いと購入意欲が高まります。第一印象となる玄関、一日の長い時間を過ごすリビング、キッチン・トイレ・洗面室・バスルーム等の水回りを中心に日頃から売却を意識した部屋の整理整頓、掃除等を心がけましょう。

⑥ 売却条件の交渉

マンションの内覧が済み購入を決意すると、購入希望者は購入申込書を提出しますが、この時点ではまだ単なる申し込みにすぎません。購入希望者の購入希望価格が売り出し価格よりも安いことも多く、値下げに応じるかなどは不動産業者の担当者とよく相談して決めましょう。

また、購入希望者が住宅ローンを利用する場合は、ローン審査が通る見込みが高いのかを必ず確認してください。購入希望者が購入申込書を提出した時が、購入希望者にとって購入意欲が最も高まっている購入のタイミングですので、売り手はチャンスを逃さないように無用な駆け引きなどに時間をとらず迅速な決断をすることが大切です。

⑦ 売買契約

買い手と契約条件に関して合意したら、売買契約を取り交わします。買い手からは売買価格の5%から10%ほどの手付金を受け取り、不動産業者へは媒介手数料の一部(一般的には媒介手数料の半額)を支払います。

⑧ マンションの引き渡しと売却価格の残金の受け取り

売買契約を締結すると、売り主はマンションの引き渡しと所有権の移転、買い主は売却代金の残金の支払いと住宅ローンの抵当権抹消の義務を負います。手続きは一般的に司法書士立会いの下に金融機関で同時に行います。

その他に売買にかかわる諸経費(固定資産税・都市計画税等の税金、マンションの管理費・修繕積立金、登記に関わる費用、仲介手数料の残金など)の清算をします。もちろん、マンションの引き渡しの日までに引っ越しを完了しておかなければなりません。

マンション売却のおすすめ記事

マンション売却の記事一覧


PR