香川県の土地を売却や買取するなら相場動向を知ろう

平均取引単価平均取引価格平均延床面積
30878 円/㎡869.04 万円281.4

※イエキットの「香川県の土地相場」のデータより、都道府県ごとの各地域の最新20件の平均値
※都道府県によっては取引件数が少なく、実際の価格と大きく異なる場合もあります。

過去5年間の香川県の平均取引単価(取引価格/延床面積)

土地売却のポイント

大都市やこれから伸びる地域でなければ、人口の減少もあって土地の価格が上昇するのは考えにくいのが現状です。景気が少し回復している今であれば、価格下落がストップしているので、使わなくなった土地は早めに売却を検討するのがオススメです。

土地を売る前に「1年以上も売れない!」という失敗を防ぐために、土地売却のポイントを覚えておきましょう。

香川県の公開されている土地取引情報

香川県の過去の取引件数は国土交通省が行った土地取引規制基礎調査概況調査にて公開されています。例えば香川県の2016年の土地取引件数はこちら、土地取引面積はこちらになります。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。

香川県の地域別の土地相場動向

香川県
高松市 丸亀市 坂出市 善通寺市 観音寺市
さぬき市 東かがわ市 三豊市 土庄町 小豆島町
三木町 直島町 宇多津町 綾川町 琴平町
多度津町 まんのう町

香川県の基本情報

香川県は人口が全国39位の約99万人、面積が全国47位の日本で最も小さい都道府県です。うどんが有名など、知名度のない都道府県ではありませんが、不動産の取引などは全国で見ても下位なので売却を検討されている方は早めに準備して売りに出すのがオススメです。