離婚時に、住宅ローンの残債がある時は、家の売却を

離婚することが決定的になった場合、離婚手続きに追われることになりますが、持ち家のある方は、残っている住宅ローンについて、気をつけなければいけません。

離婚した時に、ローンの残っている持ち家の連帯保証人になっている場合は、もし相手方がローンの返済を行わなければ、自動的に支払い義務が生じます。例え、相手が住んでいて、一切関わりがない場合でも支払い義務が生じるのが連帯保証人なのです。

離婚時に、持ち家売却を推奨する理由

離婚するということは、何かしら夫婦間にわだかまりがあったということ。赤の他人になった後も、相手がきちんとローンを返済しているか、という不安と過ごすのは、心身ともに不健康ですから、出来るだけ家を売却してしまうことをオススメします。

持ち家を売却して、その売却益でローンを完済できれば、ローンの返済を考える必要はありませんし、余ったお金は新しい生活に当てることができます。売却益でローンを完済することができなかったとしても、多少の手持ち資金で完済できるのであれば、売ってしまった方が、今後を考えた時に気は楽になるかと思います。

HOME4Uで不動産を高く査定

持ち家売却を検討する時期

ですので、持ち家の処遇については、離婚を考え始めた時から、検討し始めることをオススメします。家はすぐに売れるものではありません。また、家の売却価格については、変動することもありますが、先にある程度予測がついていると、今後の計画も建てやすいかと思いますので、早めに一括査定サイトなどで、複数の不動産会社に見積もりを出してもらいましょう。

新しいスタートを切るために

家を売りだしてから、実際に売れるまで、早くとも数ヶ月はかかります。離婚が決まってからでは、家の売却が完了しないことも多々ありますので、離婚の話し合いをする時には、少なくとも家の売却益でローンを完済できるかは把握しておくようにしましょう。

新しいスタートを、後腐れなく切るためにも、出来るだけ早めに準備をしておくことが大切です。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。