家の売却時の代金の徴収は現金?

不動産の引き渡しです。買主が残代金をすべて支払うことによって、売主は不動産の引き渡しを行うことになります。残代金の徴収時について注意すべきことや、覚えておくべきことを説明していきたいと思います。

HOME4Uで不動産を高く査定

徴収方法は現金?

不動産取引では、一般的に代金の授受は現金(振込も含む)か小切手で行われます。中古住宅を売買するなど個人間の取引で、間に仲介として不動産会社が入る場合には、不動産会社の方でいろいろとアドバイスしてくれるのでそれに従いましょう。

ここで残代金の授受に用いられる「小切手」ですが、預金小切手のことをさします。「ヨテ」と言われているこの預金小切手ですが、どんなものなのでしょうか?

預金小切手とは?

不動産取引時に使われる小切手「ヨテ」ですが、聞き慣れない人も多いでしょう。このヨテですが、買主は金融機関に一度お金を預け、そして銀行側が振出人として小切手が発行されるので、安全に支払いをしてもらうことができる信用性の高い小切手です。不渡り等の心配がありません。

不動産取引においては、リスクを防ぐために預金小切手を使用することが多々あります。また不正の防止として、横線が入れられています。小切手の隅に「銀行」「BANK」「銀行渡り」という文字を表示させるこの横線により、この預金小切手を受領した人は取引のある銀行でしか換金できないので不正防止ができます。

引渡しに際して準備するものとは?

売買契約が済み引渡しの日が決まったら、それに向けての準備はたくさんあります。不動産を売却するということは、一生のうちに1回あるかないかでしょう。そのため「よく分からない」と疑問に思う点も多々あるでしょう。仲介した不動産会社に相談して、しっかりと準備を進めていきましょう。

売却をする対象不動産に抵当権が設定されているときには、住宅ローンの借入先である金融機関に残債の確認、および抵当権を抹消するための手続きを確認しておくことが重要です。

引渡しの日に準備するものとして、次のようなものがあります。

  • 実印
  • 権利証
  • 物件のカギ
  • 発行3か月以内の印鑑証明書
  • 仲介手数料(売買契約の時に一部支払っているので、残金)
  • 所有権登記や抵当権抹消登記の費用

残代金授受の流れ

残代金の決済

残代金が買主から売主に決済されてから、所有権登記の手続きが当日中に行われます。そのため、一般的には残代金の授受は午前中に行われます。

売主から買主への諸書類の引き渡し

残代金の決済が完了したら、家のカギや、住宅内部にある設備などの説明書、設計図書などの書類をすべて買主に引き渡します。住宅の中にあるエアコンや給湯器、食器洗浄機、ヒーターなどの設備があった場合には、取扱説明書やパンフレットなどをまとめておき、買主に渡せるようにしておくといいでしょう。

所有権移転の登記

残代金が支払われたら、所有権を登記しなければなりません。売主が住宅ローンを利用していた際は、抵当権が設定されていますから、抵当権の抹消の登記も同時に行う必要があります。

司法書士が登記の手続きを代行し、登記に必要な書類を確認して、法務局にて申請をします。登記の完了は後日です。

その他諸費用の清算

ここで固定資産税などの公租公課、またマンションなどでは管理費を清算する必要があります。不動産の取引に交わした契約書にも記載されていますが、引き渡しの前の日までは売主側が負担し、引き渡しの当日には買主が負担するというのが一般的です。

諸費用の支払をする

不動産会社に支払うべき仲介手数料の残金や司法書士への支払いなどをします。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。