少しでも家を高く売りたい時のポイントと注意点

家を高く売りたい…誰でも家を売りだすときに考えることですが、買主あっての売買ですからどうしても思ったようにはいきません。自分が思っている以上の金額で買うという人が現れたら、誰も苦労はしませんし、高く買いたい買主など存在しませんよね。

高く売るためには自分でできることは、普段から家を大事に扱って、外装・内装ともきれいにしておく、内見対応をうまく行う(印象を良くする)、価格交渉で有利にする、複数の不動産会社を競合させて、なるべく高い価格の買い手を見つけてもらうなど色々あっても、やはりポイントは価格で、買い手というのは価格に非常にシビアです。

HOME4Uで不動産を高く査定

あくまで相場に則った価格を

不動産には相場というものがあり、相場からかけ離れて高い価格の物件は見向きもされないので、高く売りたいがために高すぎる価格を付けるのは、逆に危ないということです。運よく高い価格で買ってくれる人を待つのは、あまりにも楽観的すぎるでしょう。

適切な相場感があれば、必ず買い手は付きますし、理想的なのは同時に複数の買い手が現れる状況です。買い手の間で競合させることができれば、相場並みの価格が相場を超えていくこともあり得ます。

家を高く売るために

家を高く売るためのポイントは、いかに相場を読み間違えないかというのが重要になってきます。

相場から求める価格査定は、周辺の取引実績を基にしますので、不動産の専門家である不動産会社に依頼するしかありませんが、出てきた答えが正解とは言えないのが不動産売買に潜む問題点です。査定というのは、一定の評価基準はあっても査定する人の感じ方・考え方も影響するため、客観的な査定価格を得るためには、なるべく多くの業者に査定を依頼するしかないのです。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。