任意売却の前に一度、売却査定をしましょう

どうしても住宅ローンを払い続けるのが難しい時に、競売や任意売却を検討する人も少なくありません。ここでは競売や任意売却を決めてしまう前に、一度売却査定を検討して欲しいという話を紹介します。

任意売却を薦められる理由

契約上、住宅ローンを一括で返済できない限り、何の成約もなしに家を手放すことは出来ませんので、住宅ローンの返済が滞ってしまうと競売にかけられてしまいます。

しかし競売は安い価格で家を売りに出され、競売物件となると周りに競売にかけられていることが知られてしまいます。家を手放すことになったとしても、周りにだけは知られたくないと思う人も少なくないことでしょう。

さらに足りない住宅ローン分は借金として背負うことになりますので自己破産してしまう人も少なくありません。

そこで登場するのが任意売却です。任意売却は専門の弁護士の方と一緒に、借入をしている銀行と相談しながら返済方法や売却を進めていく方法で、借金についても無理のない返済プランを組むことができます。

競売と比べると遥かにデメリットが少ないので、「競売を選ぶくらいなら・・・」と考えて任意売却を選ぶ人が多いのです。また売却と書かれていますが、家を手放さずに返済プランの見直しを行うことも出来ます。

任意売却の前に売却査定を薦める理由

とは言え、任意売却はあくまで最終手段です。住宅ローンの支払いがどうしても困難になった時に、相談するものです。感覚としては「住宅ローンの支払いに遅れが出始める直前」くらいでしょうか。

家を売ることになれば、任意売却といえど安い売却価格で売りに出されることになり、住宅ローンを完済できなければ返済は続くことになります。

最も家を高く売るためには、不動産会社を通して正規の売却手順を踏むのが一番です。弁護士の方と相談する費用もかかりませんし、高く売れれば新しい生活を始める資金にもなります。

HOME4Uで不動産を高く査定

早く売りたい時には、仲介と比べると安くなりますが、不動産会社に直接買い取ってもらうこともできますので、まずは査定することをオススメしています。

査定後の流れ

まずは自分の家にどれだけの価値があるかを専門家に正しく判断してもらいましょう。その時の金額が十分な金額であれば、売却して新しい家に引っ越すのも1つの手段です。

住宅ローンを半年~1年くらいは払い続けられるのであれば、不動産会社に仲介してもらい、一緒に買い手を探しましょう。もし切羽詰まっているのであれば、家の買取の査定をしてもらってから判断します。

家を買い取ってもらえば住宅ローンを完済できるようでしたら、買い取りは早く済みますので、急いでいる方にはオススメです。

仲介・買い取り・任意売却など、いずれにしろ正しい家の売却価格を知り、家を売って住宅ローンの問題を解決できるのかを判断するために、まずは査定してもらいましょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。