不動産を売却する前に知っておきたいこと

仲介を頼む不動産会社の選び方

不動産会社選びは大切です。高い売却価格を設定してくれることはもちろん大切なことですが、それ以上に慣れない不動産の売却にどれだけ丁寧なサポートをしてくれるかが重要です。

誰でも不動産の売却には不慣れなので、契約後はほとんど放置するような不動産会社ではなく、少し売却価格が下がってでも小さな疑問にも答えてくれるような不動産会社を選びましょう。

不動産会社との契約形態

不動産会社との契約には専属専任・専任・一般と3種類ありますが、出来るだけ不動産を早く高く売るためにそれぞれのメリットとデメリットを把握して選ぶことが大切です。

また、とにかく早く売却したい時にはかなり売却価格は下がってしまいますが仲介ではなく、買取を選択するのも1つの手です。

不動産の売却に業者を利用する理由

実は不動産の売却は不動産会社を絶対に利用しなければいけないわけではありません。それでもほとんどの人が不動産会社を選ぶには理由があります。

問題が起きた時など不動産会社に対応してもらうことはいくつもありますので、そういった意味でも出来る限り対応やサポートが丁寧な不動産会社を選びましょう。

  • 土地や家の売却に不動産会社は必要なのか?
    不動産売買では、不動産会社の仲介を受けなければ売買ができないなんてことは全く無く、本来、売買契約というのは売主と買主が合意していれば、口約束でも成立するものなの

事業用の不動産の売却

資産運用や事業のために使用していた不動産を売却するには、税金や控除などが住居用不動産と異なります。

想定していた控除がなく、大きな税金が課されてしまった、なんてことがないように事前にどれくらいの税金が掛かるのかをシミュレーションしておきましょう。