土地の売却の流れ

売却する土地の状況は一つ一つ異なり、売却の流れも違ってきますので、一概に扱うことはできません。たとえば土地の一部を売ることもあるでしょうし、古くなって建物を壊して土地だけ売ることもあるかも知れません。このほか造成した土地の分譲などもあります。

これらをケース別に分けて考えると必要となる手続きとしては、次のことが上げられます。

分筆して1部の土地を売る

分筆作業として、まず測量しなければなりません。境界石がきちんとしているところですと、法務局に測量図がある場合もありますから、それをもとに分筆した新たな土地の表示登記の申請を行います。すると枝番が付され、新たに登記された土地が生まれます。

※分筆とは、土地登記簿上の一区画をいくつかに分割すること

測量する時は、その土地に隣接した土地の所有者全員と道路に面した部分ですと、道路の管理者(例えば市道ならば市の道路課など)の立会いのもと境界確認が行われます。境界石がないところではこれを設置します。そして、出来上がった図面にそれぞれが署名して印鑑を押を押します。

売買条件の決定

隣地を買う時や希望者から直接頼まれて売るようなこともあるでしょうから、この時は自分で契約書を作り、売買することも可能です。

不動産業者に売却を依頼する場合

売る土地の資料を揃えて持って行き、相談するのが良いでしょう。土地謄本、公図、測量図などです。面倒なら業者に全部任してしまう方法もあるでしょうが、あまり初めから業者と深い付き合いになると、そこに頼まざるをえなくなるでしょうから、考えながら進めることがよいと思います。 

業者は依頼されるとその土地について、次のような調査を行います。地勢、接道状況、都市計画地域、上下水道、電気の状況その他を明示した案内書を作成します。

媒介契約を結ぶ

家が建っている土地と比べると条件的には簡単です。決めるときには売値を幾らにするかぐらいです。

土地売買のタイミングによっては、売り出して直ぐに買い手が決まってしまうと、「もう少し高くしてもよかったのでは?」といった後悔をすることもあります。業者に疑いを持ってしまうかもしれませんので、時間的に余裕があれば、初めは少し高い値段で設定しておくのが良いでしょう。

土地売却のおすすめ記事

土地売却の記事一覧