秋田県の土地を売却や買取するなら相場動向を知ろう

平均取引単価平均取引価格平均延床面積
13597 円/㎡456.5 万円335.7

※イエキットの「秋田県の土地相場」のデータより、都道府県ごとの各地域の最新20件の平均値
※都道府県によっては取引件数が少なく、実際の価格と大きく異なる場合もあります。

過去5年間の秋田県の平均取引単価(取引価格/延床面積)

土地売却のポイント

大都市やこれから伸びる地域でなければ、人口の減少もあって土地の価格が上昇するのは考えにくいのが現状です。景気が少し回復している今であれば、価格下落がストップしているので、使わなくなった土地は早めに売却を検討するのがオススメです。

土地を売る前に「1年以上も売れない!」という失敗を防ぐために、土地売却のポイントを覚えておきましょう。

秋田県の公開されている土地取引情報

秋田県の過去の取引件数は国土交通省が行った土地取引規制基礎調査概況調査にて公開されています。例えば秋田県の2016年の土地取引件数はこちら、土地取引面積はこちらになります。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。

秋田県の地域別の土地相場動向

秋田県
秋田市能代市横手市大館市男鹿市
湯沢市鹿角市由利本荘市潟上市大仙市
北秋田市にかほ市仙北市小坂町上小阿仁村
藤里町三種町八峰町五城目町八郎潟町
井川町大潟村美郷町羽後町東成瀬村

秋田県の基本情報

秋田県は人口が全国第38位、面積が全国第6位の都道府県です。夏と冬の気温差が大きく、冬は雪やみぞれが多く降る寒さ厳しい土地柄で、夏のねぶた祭りや冬の温泉など、四季を通して観光客で賑わいます。稲作を中心とした農業のほか、日本酒の生産も盛んです。