香川県の一戸建てを売却や買取するなら相場動向を知ろう

平均取引単価平均取引価格平均延床面積
82575 円/㎡1482 万円179.5

※イエキットの「香川県の一戸建て相場」のデータより、都道府県ごとの各地域の最新20件の平均値
※都道府県によっては取引件数が少なく、実際の価格と大きく異なる場合もあります。

過去5年間の香川県の平均取引単価(取引価格/延床面積)

2013年に取引された戸建ての取引価格と築年数の関係

一戸建て売却のポイント

年々一戸建てを購入する人が減ってきており、都市部でなければ早めに売りに出す準備をすることが大切です。買取と仲介のどちらを選ぶにせよ、正しい価格を知らなければ、住宅ローンの返済や引っ越し・買い替えの費用の計画も立てられませんので、最初に査定しておくのがオススメです。

一戸建てを売る前に「1年以上も売れない!」という失敗を防ぐために、一戸建て売却のポイントを覚えておきましょう。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。

香川県の地域別の一戸建て相場動向

香川県
高松市丸亀市坂出市善通寺市観音寺市
さぬき市東かがわ市三豊市土庄町小豆島町
三木町直島町宇多津町綾川町琴平町
多度津町まんのう町

香川県の基本情報

香川県は人口が全国39位の約99万人、面積が全国47位の日本で最も小さい都道府県です。うどんが有名など、知名度のない都道府県ではありませんが、不動産の取引などは全国で見ても下位なので売却を検討されている方は早めに準備して売りに出すのがオススメです。