奈良県の土地を売却や買取するなら相場動向を知ろう

平均取引単価平均取引価格平均延床面積
54226 円/㎡1384.75 万円255.4

※イエキットの「奈良県の土地相場」のデータより、都道府県ごとの各地域の最新20件の平均値
※都道府県によっては取引件数が少なく、実際の価格と大きく異なる場合もあります。

過去5年間の奈良県の平均取引単価(取引価格/延床面積)

土地売却のポイント

大都市やこれから伸びる地域でなければ、人口の減少もあって土地の価格が上昇するのは考えにくいのが現状です。景気が少し回復している今であれば、価格下落がストップしているので、使わなくなった土地は早めに売却を検討するのがオススメです。

土地を売る前に「1年以上も売れない!」という失敗を防ぐために、土地売却のポイントを覚えておきましょう。

奈良県の公開されている土地取引情報

奈良県の過去の取引件数は国土交通省が行った土地取引規制基礎調査概況調査にて公開されています。例えば奈良県の2016年の土地取引件数はこちら、土地取引面積はこちらになります。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。

奈良県の地域別の土地相場動向

奈良市
奈良市大和高田市大和郡山市天理市橿原市
桜井市五條市御所市生駒市香芝市
葛城市宇陀市山添村平群町三郷町
斑鳩町安堵町川西町三宅町田原本町
曽爾村御杖村高取町明日香村上牧町
王寺町広陵町河合町吉野町大淀町
下市町黒滝村天川村野迫川村十津川村
下北山村上北山村川上村東吉野村

奈良県の基本情報

奈良県は人口が全国30位の約138万人、面積が全国40位の小さな都道府県です。人口や県内総生産は和歌山県に次ぐ近畿ワースト2位ですが、持ち家比率が高いためか住宅の売買は比較的活発に行われています。ただ土地価格は下落し続けていますので、高く売るなら売却はお早めに。