大分県の土地を売却や買取するなら相場動向を知ろう

平均取引単価平均取引価格平均延床面積
21715 円/㎡690 万円317.8

※イエキットの「大分県の土地相場」のデータより、都道府県ごとの各地域の最新20件の平均値
※都道府県によっては取引件数が少なく、実際の価格と大きく異なる場合もあります。

過去5年間の大分県の平均取引単価(取引価格/延床面積)

土地売却のポイント

大都市やこれから伸びる地域でなければ、人口の減少もあって土地の価格が上昇するのは考えにくいのが現状です。景気が少し回復している今であれば、価格下落がストップしているので、使わなくなった土地は早めに売却を検討するのがオススメです。

土地を売る前に「1年以上も売れない!」という失敗を防ぐために、土地売却のポイントを覚えておきましょう。

大分県の公開されている土地取引情報

大分県の過去の取引件数は国土交通省が行った土地取引規制基礎調査概況調査にて公開されています。例えば大分県の2016年の土地取引件数はこちら、土地取引面積はこちらになります。


PR

アンケート

今後のサービス改善のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

売却したい理由をお聞かせください。

大分県の地域別の土地相場動向

大分県
大分市別府市中津市日田市佐伯市
臼杵市津久見市竹田市豊後高田市杵築市
宇佐市豊後大野市由布市国東市姫島村
日出町九重町玖珠町

大分県の基本情報

大分県は人口が全国33位の約118万人、面積は全国22位の都道府県です。大分県は持ち家比率が63.5%と低く、借家の割合が35%にも上ります。ただ住宅の取引は近くにある宮崎県よりも活発で、不動産を売却したい人にとっては買い手がみつかりやすい都道府県とも言えます。